Going Home Quickly

スポルティーフ、フォールディングバイク、クロスバイク乗り回す学生サイクリストのブログ。毎日自転車通勤通学。

【ヒルクライム】不動峠~あきば峠~朝日峠【筑波】  

WS000307.jpg




先週は和田峠を走り、今週は久しぶりに不動峠を攻めてきた。
自動車で大池公園まで2時間ほど。登る前につくばりんりんロードで軽くアップしてから不動峠へ。
ギアは終始アウターローでチェーンの斜めがけ。序盤から15km/hをキープするのに必死で、最後の勾配標識が見えるラストスパートでも維持が精一杯だった。
タイムは15:02という結果。去年9月に出した記録は13:48なので、だいぶタイムが落ちてしまった。

しかもベストタイムを叩きだした日は自宅からの完全自走で100km近く走ってきた状態での挑戦。
それに対して昨日は自動車での移動だったので、よほど実力が落ちてしまったのだろう。





不動峠に到達後、休む間もなく裏不動から降りて、弓弦(ゆずり)林道こと青木葉(あきば)峠を攻めてみた。
こちらは起点付近が不動峠よりも急勾配になっていて、幅員も狭い道。筑波なら熊は出ないと踏んでいたが、イノシシは出るようだ(駆除している旨の看板があった)。

林道に入ってしまえば勾配は落ち着いてくる。stravaでは距離2.8km、平均勾配7%となっている。
人一人会わずちょっぴり不気味な峠だった。

青木葉峠を越えた後は朝日峠にチャレンジしたいところだが、起点に急ごうと最短距離で行こうとしたのが間違いだった。
雪入から県立中央青年の家まで至る名も無き峠をひたすら登る。
しかしこの峠、あまりに日が差さないのか路面が濡れ気味な上に、苔のせいかタイヤのせいか、ペダル回しても空転して力が伝わらない。
それでも県道236号に出れば路面状態はよくなるはず…と信じていた。

WS000306.jpg


しかし、出てみれば朝日峠に合流するまで完全な未舗装路な上に上り坂。県道名ばかりの険道。
パンクを危惧して泣く泣く2kmほど押して歩くはめになった。
ホテルいやしの里の自販機ですかさずサイダー購入。炭酸ないとやってられん。

休憩後、朝日峠の途中に合流したので、起点めがけて降りてからもう一回登った。
降りる途中、ひやっとしたのがハンプ(hump=こぶ)と呼ばれる盛り上がった出っ張り。ドリフト走行防止やスピード低下を促すために設けられたらしいが、自転車乗りにとっては迷惑この上ない。
突き上げに我慢しながらも登りでもこれがあるからストレスになる。

朝日峠はstravaによると距離2.9km、平均勾配8%。朝日トンネルが開通しているが、朝日峠にも自動車の通りはある。
表筑波スカイラインと合わせると難易度自体は不動峠よりも高く感じる。

うだるような暑さの中、自転車は一台も見なかった。あとからわかったのだが、この日は熱中症情報で「運動は原則中止」という防災速報が出ていた。
つつじの丘まで走りたかったが、途中で不動峠を降りて帰還。とりあえず筑波は不動峠が一番走りやすいことが改めてわかった。
あと、夏走るならなるべく日中は避けて早朝~午前中に走るのがベストだとつくづく感じた。

関連記事

Posted on 2016/08/07 Sun. 15:16 [edit]

category: 周遊

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://run9057.blog66.fc2.com/tb.php/520-fc890b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年 月別走行距離(自転車)

スポンサーリンク

カレンダー

プロフィール

最新記事

過去ログ +

カテゴリ

アクセスカウンター

人気記事

アクセスランキング

ブログ村ランキング

自転車おすすめ商品

ブログ内検索

リンク


▲Page top

ブログパーツ