Going Home Quickly

スポルティーフ、フォールディングバイク、クロスバイク乗り回す学生サイクリストのブログ。毎日自転車通勤通学。

クロストレイル ブレーキシューを交換【メンテナンス】  

通学で毎日乗っているクロストレイルスポーツのVブレーキシューを交換した。
スポーツ自転車歴は5年ほどになるが、ブレーキシューの交換はしたことがない。
というのも、シューを変える前にブレーキ本体ごと変えていたからだ。



2012_08_15 037


最初についていたブレーキが何かは忘れてしまった。だけど画像はあった。
スペック表見るとフロントもリアも「Alloy linear pull, 1pc. pad」となっているが、メーカー不明。
最初のVブレーキだったし、比較するものもなかったけれど今思えばあんまり効かないブレーキだった。


CIMG6471_R.jpg

シマノの DEORE BR-M590 に交換したときは制動力の違いに驚いたものだ。
しかもカートリッジ付きで1500~2000円ぐらいだった。ロードバイクのキャリパーブレーキと比べるとだいぶ経済的。

このDEORE BR-M590に最初からついていたシューはS70Cだと思われる。
このシューはドライコンディションにおいてはベストの性能を誇るが、雨天時には弱いとされている。
私はこの一年、雨天でもガンガン乗っていたので、シューの消耗は凄まじかった。
確か雨天時は普段と比べて10倍くらいシューを消耗するとどこかで見た。

最近ブレーキの効きが悪くなってきたので、交換交換。

CIMG0814_R.jpg

CIMG5981_R.jpg


新しくつけるシューはM70R2。こちらはシビアコンディション(雨天)に強い。雨天でも乗るならこれ。
DEORE BR-M590はカートリッジ式のため、シュー(ゴム)だけ購入すれば良い。前後で1000円ちょい。ホルダーごと買うよりちょっぴり安くすむ。




CIMG5971_R.jpg

交換前のシュー。もう溝が見えないくらい消耗している。とっくに交換時期過ぎてた。
ホルダーからピンを外す。手では取れないので、プライヤーを使うと外しやすい。

CIMG5973_R.jpg


手持ちの100均プライヤーだと上手く引き抜けなかったので、ネジザウルスでやってみたらあっさり抜けた。
本来舐めたネジを取るのに使う工具なんだけど、こういうときにも役に立つのね。


CIMG5976_R.jpg


CIMG5974_R.jpg


ホルダーを自転車につけたままだとやりにくかったのでいったんホルダーごと外した。
シューホルダーからシューをスライドさせてやれば、シューを抜き取れるのだが、固着していて苦戦した。
ネジザウルスでつまみながらスライドさせてなんとか取れた。
ホルダーを取り付けるのネジに錆が見られる。こうなると次回はシューじゃなくてホルダーごと交換したほうが良さそう。

CIMG5977_R.jpg

CIMG5978_R.jpg

CIMG5980_R.jpg

CIMG5982_R.jpg


交換前(S70C)と交換後(M70R2)のシューを比較。
S70Cは柔らかいが、M70R2はだいぶ固め。

取り付けは逆の作業をすれば良い。
前後左右交換し、最後のシューを交換するとき、悲劇は起こった。


CIMG5984_R.jpg


CIMG5985_R.jpg


CIMG5986_R.jpg



/(^o^)\ナンテコッタイ




新品のシューの取り付け時、シューがなかなか奥までスライドしないので、先っぽを押してたらシューが切れてしまった。
切れた部分を無理やりスライドさせて「見た目の上では」くっついている形となった。(よくみたらヒビ入ってるけど)
いくら固めのシューだからといっても、所詮はゴム。

CIMG5987_R.jpg


固定ピンが奥まで入らない。ピンも折れてしまった。シューが固着してたら抜けることは無いと思いたい…。

取り付けた後に知ったのだが、シューとホルダーの接する部分に固着防止のグリスを塗るといいみたい。
時既に遅し。次に交換する時はこの記事見ておこう。

で、早速15kmほどドライコンディションで試走。
トーインをつけなかったせいか、S70Cではしなかった音鳴りが発生。まあ歩行者に存在をアピールできるならヨシ。
制動力はブレーキ本体交換したときに戻ったような印象。
リムにちょいとゴムがついてた。リムへの攻撃性が高いのかもしれない。


CIMG6470_R.jpg

ブレーキレバー握った後にアーチが元の位置に戻らないのは、ブレーキワイヤーを交換した方がいいかもしれない。ワイヤー錆びてるし。

ここで述べたS70CM70R2の他にシマノからはM70CT4も出ている。
ウェット性能では S70CM70R2M70CT4 となり、ドライでは不等号が逆転する。
ただM70CT4はリムに線があるサイドウォールリムに対しては雨天に強いと言われている。

雨天時にも使ってみてからまた追記予定。








関連記事

Posted on 2014/12/26 Fri. 01:56 [edit]

category: 自転車

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://run9057.blog66.fc2.com/tb.php/459-255dfa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年 月別走行距離(自転車)

スポンサーリンク

カレンダー

プロフィール

最新記事

過去ログ +

カテゴリ

アクセスカウンター

人気記事

アクセスランキング

ブログ村ランキング

自転車おすすめ商品

ブログ内検索

リンク


▲Page top

ブログパーツ