Going Home Quickly

スポルティーフ、フォールディングバイク、クロスバイク乗り回す学生サイクリストのブログ。毎日自転車通勤通学。

海老川13橋散走。  

海老川13橋散走


先週日曜日はサークルで三浦半島一周(横浜出発の約130km)が予定されていたが、生憎私は予定が合わず不参加。
時間があいた夕方、この時間帯で明るいうちに近所でポタリングを楽しんだ。

今回は船橋中心市街地を悠々と流れる海老川を走る。海老川の名前の由来はわからないが、川でとれた海老を源頼朝に献上したという伝説がある。
海老川には13の橋が架かり、散策路やジョギングコースが整備されているので、自然を楽しみつつ健康維持ができることで市民に愛されている。
前にも記事にもしているが、銀メダリストの練習地でもあった。
参考記事:海老川周遊

また太宰治の旧居跡があり、俳句を作りながらの文学散歩としても最適だろう。
今まで河口まで走る機会はあまりなかったので、今回ロードレーサーで走ってきた。参考にしたのはここ

八栄橋、鷹匠橋、富士見橋、太郎橋、新海老川橋、九重橋、丸山橋、栄橋、万代橋、海老川と一気に12番目の橋から3番目の橋まで走り抜ける。
画像はいちいち止まってられないから無いよ^ω^;
余談だが、近々行われる船橋市長選挙ではこのあたりの海老川に東葉高速線の新駅構想が噂されている。将来、船橋中央駅が誕生するのかもしれない。


2013_06_09 003_R
2013_06_09 002_R
↑大神宮へ渡る橋、八千代橋に立派な碑がある。いやどの橋にもたいてい像や碑があるんだけどね。

2013_06_09 001_R
↑ここから道路がきれいになっている。

2013_06_09 005_R
2013_06_09 004_R
↑1番目の橋が船橋橋。通るたびに普通に船橋でいいんじゃないの?と思わずにいられない。R14と海老川が交わる。
ちなみに船橋の由来は小さな舟を数珠つなぎに並べ、上に板を渡したことから。昔の海老川は川幅が広かったんだとか。

2013_06_09 006_R
↑船橋港まで。毎年船橋港親水公園では花火大会が行われる。


2013_06_09 013_R
↑こんなところに石材が。米国ウィスコンシン州との友好の礎として期待されているようだ。
暗くならないうちに戻ることに。

2013_06_09 015_R

↑海老川制覇のために、海老川13番目の橋である向田橋を越える。たまに自転車でも距離稼ぎで走っていたりする^^;
この先は整備されていないので、ここでUターンして帰宅。海老川の上流を知る人はあまりいないようです。

10km程じゃあやっぱり物足りない。今月は梅雨でなかなか自転車に乗れないので、晴れた日を大事にしたい。




走行ログ
ルート:飯山満→海老川→ららぽーと東京ベイ 往復
走行時間:0:54:00
走行距離(km):13.5
平均速度(km/h):データ紛失
最高速度(km/h):データ紛失
獲得標高(m):31

積算走行距離(km):1538.12
積算獲得標高(m):2563

関連記事

Posted on 2013/06/15 Sat. 00:00 [edit]

category: 周遊

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://run9057.blog66.fc2.com/tb.php/314-4ada2aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年 月別走行距離(自転車)

スポンサーリンク

カレンダー

プロフィール

最新記事

過去ログ +

カテゴリ

アクセスカウンター

人気記事

アクセスランキング

ブログ村ランキング

自転車おすすめ商品

ブログ内検索

リンク


▲Page top

ブログパーツ