Going Home Quickly

スポルティーフ、フォールディングバイク、クロスバイク乗り回す学生サイクリストのブログ。毎日自転車通勤通学。

千葉県一周一日目。  

大変お待たせしました。千葉県一周旅行の報告です。

千葉県一周



計画では上の画像の通りに周ります。左手にすぐに海があるように、海側沿いを走りました。つまり外房周りです。
画像にある距離は実際より短く、時間は徒歩で行ったものとします。今回の自転車旅行では三日で一周すると決めていました。
計画を練り始めた当時の4月は一人で行こうと決めていましたが、友人Y氏も同行するとのことで、巻きこむ形に。

さて一日でどこまで行こうかと計画したところ

千葉県一周1日目




1. 船橋駅

2. ふなばし三番瀬海浜公園

3. TDL

4. 里見公園

5. 矢切の渡し

6. 県立関宿城博物館

7. あけぼの山農業公園

8. 小堀屋

9. 道の駅水の郷さわら

10. 香取神宮

11. 銚子ポートタワー

12. 犬吠埼



千葉県でも名のあるスポットを目玉に、一日目は最北端と最東端を目指します。

2012_07_13 002_R

7月13日AM7:00出発の時です。
友人が張りきって「千葉県一周中!」というプラカードを作ってくれました。みwなwぎwっwてwきwたwww

早速、船橋駅へ向かう車道を走っていると、「お、頑張れー」「頑張ってください」などの声援を受けた。郷愁に駆られてしまう。


しかし開始20分もしないうちにハプニングが起こった。
船橋駅北口から国道14号線に抜ける小道に入る途中、すぐ真後ろにいたはずの友人Yがいきなり転倒。普段転倒は見ないだけにビックリ。本人曰くよそ見していたと。
この犠牲がのちの旅への注意力をもたらせた。




2012_07_13 005_R

↑転倒して荷台のロープを縛り直す友人Y。ちょうど隣の棒に衝突。

そこからチーバ君の舌にあたるところに向かおうと浦安付近へ。
しかし工場地帯に迷い込み、思わぬ時間ロス。おまけに風も向かい風。なんとか京葉線に沿って進み、新浦安駅、舞浜駅と進んでいった。

2012_07_13 009_R
2012_07_13 010_R


最初の目玉はTDL。ディズニーリゾートを駆け抜け、江戸川に着く。
2012_07_13 012_R



このまま北上していくが、途中の妙典付近で異常に気付く。

俺「さっき海から5kmって看板見たんだが、今見ると海から4kmになってんだけど」
これは明らかに海へ向かって走っていることになる。

友人Y「いやでも川って海に向かって流れるんだよな」
しかし俺たちの進行方向(今は海)と逆に流れる川。これは一体どうなっているんだろう。
川は海に向かって流れるものではないのか。なのにこの江戸川、海に流れる向きとは逆に流れている。
ここで混乱。バカ二人には難題でした。オフライン地図も当てにならず、iPhoneのGPS機能でようやく解決。

2012_07_13 015_R
妙典付近



川の分岐点で北に行くはずが南東に向かってしまっていた。
このときは風が北東向きだったので恐らく川の表面の波が北を向いただけであろうと予測される。

そんなトラブルもあったが、なんとか市川橋まで着き、なお江戸川を北上し続ける。
三郷に着いて昼食、サイゼリア。

※三郷は埼玉です。ここは目を瞑りました。

食った後はいざ関宿城!



2012_07_13 023_R

途中の野田橋。目玉の一つであるキッコーマンの工場に向かいます。
このあたりから町中は醤油の臭いが漂っていました。
友人P氏に依頼されたお土産の醤油を買う。

2012_07_13 033_R

2012_07_13 027_R


↑工場見学で頂きました。これだけでも来た甲斐がありました。

引き続き関宿城に向かいます。



海から51.25kmのところまで来ました。しかし未だに城は見えません。

ここから更に10kmほど進むと・・・。

2012_07_13 042_R
2012_07_13 044_R


関宿城到着。自販機でDr.ペッパー飲んで休憩。この時点で時計はPM3:00を回ろうとしていました。予定ではここにPM12:00に着くはずでしたが、これは予想外。
しかしまた予想外の疲労。関宿城に来るだけでも十分だったと思わせるほど。ここからさらに暗くなる前に半分以上走らなければならない。
この時点で友人Yは絶望していたようです。とにかく風呂に入りたい一心。

そんな中とにかく進むしかないと張り切る俺がいた。

2012_07_13 047_R
2012_07_13 048_R


海から120.5km。これは銚子まで120.5kmを意味する。

進む。ただすら進む。


2012_07_13 051_R


絶望が入り混じる。既に友人Yには「帰る」という選択肢をにらみ続けていたかもしれない。
野田市から抜けられない。

2012_07_13 054_R

我孫子市に入り、利根水郷ラインが見えた。この道一本で銚子まで行ける。
ここでエネルギーをもらうも、脚はやばくなっていた。

2012_07_13 056_R


ここは・・・どこだろう。

震災の影響か、サイクリングロードはところどころ「はいってはいけません」と道をふさいでいるところが多かった。車道を走らざるを得ない道もあった。
散歩している人は大丈夫だというが。



2012_07_13 057_R


香取がようやく近く感じた瞬間。
すっかりあたりは暗く、へとへと。思えば三郷からまともな飯を食べていない。
ここがどこだかわからず、ひたすら前に進む。今晩中に銚子までいくのは絶望とみて、佐原までとりあえず行こうということになる。
佐原、そこには道の駅があるためそこにいけば何とかなると思ったのである。


2012_07_13 059_R


海から50km記念。もはやサイクリングロードは舗装されておらず、砂利道を走る羽目にもなった。
よくもまあパンクしなかったものだと思う。

無言のまま佐原市に飛びつく。

佐原市街に入って、すき家。牛丼並を2つ平らげる。店を出る、風呂を探す、300円で入れるところをみつける。閉店はPM11:00と知る。もう1時間も無かった。
佐原駅は予想外にもたまり場になっていた。丁度祭りの終えた後だったらしい。
道を聞きながらも着いた。

2012_07_13 060_R


寝るのはPM9:00の予定だったが、そんなことはもうどうでもいい。
とにかく今は風呂だ。
300円を払って湯船につかる。風呂はいいものだ。


そこからが問題だった。さて寝場所はどうしよう。テントを張って寝ようとするが、どこに立てよう。
利根川の河川敷に張ろうと思った。しかし湯の店主の話しに耳を疑う。

「夜中は雨降るで。」


あ?
俺は聞いたことがある。雨の河川敷は危険すぎる。命も落としかねないということを。
しかしもうどうしようもなかった。最後の頼みは道の駅さわら。
既に日付は変わろうとしていた。寝ないと明日持たない。

道の駅さわらに着く。テントを張る。ちなみにそのテントは


2012_06_26 017_R
2012_06_26 018_R




※事前に近所で建てたものです。


カバーもあるし快適快適!とテントを使うことを楽しみにしていた。

道の駅さわらで適当なところにテントを張り横になった。
既にAM0:00を回っていた。疲労ですぐ眠れると思ったが、駄目だ。車やバイクの音がうるさい。

ここで嫌な音を聞く。「ポツポツ」という音がテントに降り注ぐ。雨である。
すぐ止むだろ、たいしたことねえだろ。と思ってほっといた。

だがその雨は次第に強くなり、テントの中まで入ってきたのである。
しかも雨の音がうるさくて、眠れたもんじゃない。

肉体的には相当きていた。精神的にはまだ大丈夫だった俺もこの雨にはトドメを刺された。


帰ろう。

テントを片付け、雨宿りの出来そうな場所に移動。既に自転車もテントも荷物もびしょびしょ。
友人Yはレ○プ目をしていたように見える。俺もそうだったであろう。帰ることは一致。
無念であるが、このまま続けていても体が持たないし、3日じゃあ終わらない。

2012_07_14 001_R


この雨、丁度地元船橋でも強かったらしく、事前には小雨だと予報されていたが、予報外れだったようで。
朝が明けるのを待ち、ベンチに腰掛け反省会をしていた。


千葉県一周旅行二日目に続く。
関連記事

Posted on 2012/08/07 Tue. 13:45 [edit]

category: 周遊

tb: 0   cm: 2

コメント

レ○プ目ワロタwwww

URL | マウス #djnh.SQU
2012/08/07 17:22 | edit

これは・・・。
思い出すたび何とも言えない虚無感のようなものに襲われるぜ。

URL | あろと #-
2012/08/09 00:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://run9057.blog66.fc2.com/tb.php/266-f1a645a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年 月別走行距離(自転車)

スポンサーリンク

カレンダー

プロフィール

最新記事

過去ログ +

カテゴリ

アクセスカウンター

人気記事

アクセスランキング

ブログ村ランキング

自転車おすすめ商品

ブログ内検索

リンク


▲Page top

ブログパーツ